ichiは生命を磨くお手伝いを行う美容室。商品詳細開発ストーリー。

Process

蘇生系ヘアケアシリーズ®商品詳細開発ストーリー

 
 
 
 
 
蘇生系ヘアケアプロダクツ
 
 
 
 
 
日頃よりこ愛顧いただきまして、心より御礼申し上げます
 
 
皆さまとともに歩みながら開発に至りました蘇生系ヘアケアシリーズ®も
 
お陰さまで多大なる反響をいただいています
 
2003年、ヘアデザインを入りロに、
 
お客さまのライフスタイルをデザインする新たなサロン業態を目指し、
 
ichiはスタートいたしました。
 
当初から、お客さまが何を求め、
 
何に悩んでいるのか、しっかりと耳を傾けるうえで、
 
私たちが解決すべき問題が徐々に浮き彫りになっていったのです。
 
その問題点とは…
 
1つ目は、環境によるダメージです。
 
排気ガスを含む酸化物質、
 
極端な季節の変化が人体に与える負荷、
 
それによるアレルギーなど…。
 
こうした大気汚染や日本特有の自然環境により、
 
私たちの髪や皮膚は大きな負荷を受けています。
 
2つ目は、ヘアデザイナーの意識レベルです。
 
近年、日本の美容師はヘアデザインを作ることを重視しており、
 
本来継続美に必要な毛髪コンディションには
 
あまり配慮されていませんでした。
 
つまり、パーマやカラー施術による皮膚や
 
毛髪のダメージに関する専門知識が薄かったのです。
 
3つ目は、ホームケアの間違った知識です。
 
わかりやすい例はアイロンです。
 
近年はプロ仕様のアイロンが量販店などで販売されていますが、
 
200℃近くまで温度が上がるため、
 
プロ並みの知識と技術がなければ、
 
髪に大きなダメージを与えてしまいます。
 
これらの問題点を解決し、
 
お客さま1人ひとりの最高の美を創り出すには
 
サロン専売品、市販品、
 
オーガニック定義品などのジャンルを取り払って、
 
すべての美容商材を一から見直す必要がありました。
 
それは、一般的にクオリティか高いと思われている
 
サロン専売品を使用した場合でも、
 
ichiでの仕上がりをご自宅で再現するのが難しかったためです。
 
こうした現状を踏まえ、私は考えました。
 
使えば使うほど毛髪の美しさを引き出す天然原料と、
 
髪の素材感を持続させる最新のテクノロジーを
 
両立できないだろうかと。
 
その課題を解決するためには、
 
深いお付き合いを頂いているお客さま1人ひとりとの関わりの中で、
 
しっかりと時間をかけて見極めていく必要がありました。
 
ご自宅でも髪をべストコンディションに
 
保つ方法はないものだろうか?
 
さまざまな商材のテストを繰り返しながら、
 
頭の中でまるで複雑なパズルを解くかのように
 
シミュレーションを繰り返していきました。
 
そして、創業から約4年後。
 
ついに課題を解決へと導くきっかけにたどり着いたのです。
 
原料には一切妥協したくない。
 
考えられる中で最高の原料を使いたい。
 
しかし、その原料の良さを最大限引き出すためには、
 
配合バランスや科学的な処方をどうすればよいのか?
 
自分が理想とする美容商材を創るうえで、
 
生産数やコストなど問題は山積みでした。
 
しかし、理想の商材に対して想いを馳せるなか、
 
偶然にもあるスペシャリストの協力を得られることとなったのです。
 
その方こそ、
 
日本で最も権威ある「毛髪博士」として著名な野村博士です。
 
10数年前から毛髪学を説いてくださった野村博士は、
 
ichiが目指す美容理念に快くご賛同くださいました。
 
この再会によって、構想は一気に実現へと向かったのです。
 
 
 
<野村博士の略式プロフィール>
 
生物学教授からはじまり、
 
繊維業界にて形状記憶スーツ、
 
色落ちしにくいスーパーブラック加工の開発者であり、
 
現在は大手美容メーカーの新薬開発を手掛けるとともに
 
自身の美容ブランドをも立ち上げられ、
 
美容業界では国内で最も権威ある毛髪博士としての地位を確立。
 
あまり知られていないことですが、
 
実は毛髪補修に必要な天然原料や加工技術は、
 
繊維業界から非常に多くの影響を受けています。
 
天然原料を最大限活かす加工技術を持ち合わせ、
 
それを人間の肌から毛髪にまで応用させていくためには、
 
どうしてもその分野に詳しい博士号取得者が必要不可欠でした。
 
野村博士が設計から製造まで担当していただくことになり、
 
2007年、ichiオリジナルの蘇生系ヘアケアシリーズ®は誕生いたしました。
 
製造は野村博士の工場でしていただくことで、
 
全く新しい流通形態が可能に。
 
その結果、
 
メーカーマージン、パッケージデザイン費、広告宣伝費
 
という3つのコストを無くすことで、
 
私たちが理想とする最高の美容商材を
 
お届けすることができるようになったのです。
 
・素晴らしい艶とハリコシ
 
・しなやかな手触りと髪質の改善
 
・パーマ・カラーの再現性と持続性のアップ
 
・頭皮炎症の緩和、ボリュームアップ、薄毛の改善など...
 
蘇生系ヘアケアシリーズ®は、
 
早い方で1 回目のシャンプーからその効果を実感いただけます。
 
お客さまからの喜びの声を一部、ご紹介させてください。
 
「友人にはichiのことを何も話していませんでしたが、
 
『髪質が変わって、艶が出ているけど、何をしているの?』
 
と聞かれました。
 
その友人は蘇生系ヘアケアシリーズ®購入を
 
きっかけにichiに通うようになりました」
 
「娘の肌と髪がカサカサで、何を試しても効果がなかったところ、
 
蘇生系ヘアケアシリーズ®を購入。
 
約1本使い終わるころには、娘の髪がしなやかにまとまり、
 
艶が出てきました。
 
あまりにうれしくて、
 
小分けしたシャンプーを友人に配っています」
 
「毎年、季節の変わり目になると
 
頭皮が炎症を起こしていたのですが、
 
蘇生系ヘアケアシリーズ®を使いはじめてから、
 
炎症が改善。
 
長年のストレスから解放されました!」
 
「ずっと軟毛のクセに悩んでいたのですが、
 
蘇生系ヘアケアシリーズ®を使用してから、
 
まとまらなかった髪が柔らかなストレートのような質感に。
 
ちょっと不思議な気分です!」
 
蘇生系ヘアケアシリーズ®の最も有効な使い方としては、
 
サロンにて毛髪改善を施した状態に、
 
継続美の一環として活用されることをおすすめします。
 
私たちの髪の主成分が、多数の繊維が絡むような構造をした
 
ケラチンタンパク質でできていることはご存じでしょうか?
 
実はこのケラチンタンパク質、
 
単体としては保湿力を持っておりません。
 
それゆえ、理想的な髪質へと内部から形成するには、
 
繊維質の隙間に脂質を蓄え、
 
保湿力を高めさせる必要があります。
 
それらの必要成分を髪に蓄積させるには、
 
成分をそのまま与えればいいわけではありません。
 
複雑な毛髪構造に合わせて分子量の配合比率を変え、
 
統計学上、理論的に構成させることが大切なのです。
 
専門的な話で恐縮ですが、
 
本物の美を創りだすためには、
 
こうした統計学と最新のテクノロジーに裏付けされた
 
美容科学とも言える知識と技術が必要となります。
 
原料、配合比率だけでなく、
 
調合の仕方にもこだわりがあります。
 
蘇生系ヘアケアシリーズ®は、
 
国内産最高級の原料を使用しておりますが、
 
その持ち味を生かすため、
 
最も適したサイズの真空釜で調合されています。
 
なぜかと申しますと、
 
それは良い原料ほど加工しすぎては持ち味が活かされないためです。
 
たとえば、高級食材に調味料を入れすぎたり、
 
加工をしすぎると素材の味が台無しになるのと同じ理由です。
 
そして、最後は熟練した作業員が粘性や
 
馴染み具合を見極めて完成させます。
 
量産用の大釜ではこうした繊細な加減を調整できません。
 
量産製品とは明らかに品質が違う理由がここにあります。
 
本物の美とは何か? 
 
その答えを追求することで生みだされた蘇生系ヘアケアシリーズ®。
 
まだご自宅でお使いでない方、
 
より美しくなりたいと望まれる方に
 
ぜひお試しいただきたく思います。
 
お客さま1人ひとりの素材美を最大限に引き出し、
 
最高の継続美を生み出す一助になれば幸いです。
 
 
 
 
 
 
<< PRODUCTSへ戻る

 
 
 
 
 
 
TOP HOME Welcome Menu Global Project Recruit Photos Media Access
 
 
 
 
Copyright (c) ichiinc.® All Rights Reserved.
 
 

ブランディングサポート  
TRANSIT GENERAL OFFICE INC.  
Photo  
Kenshu Shintsubo